SNS, ブログとは何か?

SNSとは何か? 今話題のSNSとは何でしょうか?インターネットを繋げると必ずSNSに触れる機会がありまよね?またSNSと同じくらいブログも流行っていますがブログとは何でしょう? SNSとはSocial Networking Service の略を言い、人と人をインターネット上で繋ぎ、コミュニケーションを楽しむためのサービスです。主に使用されているSNSは、Facebook, Instagram, Snapchat, ツイッター、などがあり、世界では何十万人の人が使用しています。 SNSは、投稿した記事がどんどん消えていってしまう分、一瞬の拡散力は強力で、影響力もあります。『シェア』『リツイート』といったSNS特有の機能によって、友達の友達へ、フォロワーのフォロワーへ…と、次々にねずみ算式に増えていくので、拡大力がとても大きいです。主なSNSはフロー型と呼ばれ、投稿した記事は、時間の経過と共にフィードの下へ下へと流れて行き、いつかその記事はフィード上から姿を消してしまいます。また、投稿した記事へ検索エンジンからアクセスすることは、ほぼできません。よって一時的な影響力はあっても、持続性はありません。 次に理解すべきブログの特徴をお教えします。 それでは、そもそもブログとは何なのでしょうか?ブログとは、ウェブログ(Web Log)の略です。ウェブサイトに記録(ログ)するから、ウェブログ(Web Log)。略してブログと言います。SNSはフロー型メディアでありブログはストック型メディアいうことを認識しておきましょう。ブログは誰でも簡単にスタートすることができますが、自分を引き立たせる表現、世界観の演出など、あらゆる言い方ができるので、ブログ=自分の表現力と言っても良いでしょう。ブログとは一言で言うと、情報発信ありきのメディアで、通常のウェブサイトと同様、『発信』の色が濃く、情報量も多い性質があります。ビジネス的な視点で見ると、不特定多数の多くの観衆に、十分な量の情報を、広く発信することができる個人メディアと言えます。SNSと大きく異なり、ブログに投稿した記事は、Web上にずっと残り続けます。つまり記事がストックされ続けます。また、検索エンジンにもヒットするため、例えば1年前、2年前に書いた記事であっても、需要のある記事であれば、再度読み返されることがあります。過去の記事が生き残るということは、価値ある記事の数を積み重ねる程、それは資産となっていくわけです。これがブログん強みと言えるでしょう。 例えば、ラスベガスにあるカジノに行くとしましょう。昔は、SNSなどなかったので、人はラスベガスまで行ってカジノを楽しみ、運良く勝って大儲けした人などは取材などを受けて、その記事が雑誌に載ったり、自分で新聞社などに自分の経験を伝えていたりしました。それが今ではSNSやブログを使用してカジノ体験を伝えてる人も多くいます。またカジノファンの人は、どうやったら勝てるかなどの必須方法をネット上で公開したりしています。FacebookやTwitterのようなフロー型メディアは、情報の拡散に使うべきなので、その特性を生かして多くの人々は情報を提供しています。また今の時代、カジノはわざわざラスベガスやマカオに行かなくても、オンラインカジノというのがあり、ここ10数年で爆発的に人気が出てきています。インターネット上のカジノと言えばいいでしょうか。ラスベガスのカジノで体験した同じカジノゲームをスマホやパソコンでできちゃうのです。インターネットの普及により、SNSやブログ、またカジノでまでオンラインでできるようになりました。インターネットが進化し続ける時代であると言えます。

SNSの機能 3

SNSにはユーザーを検索する機能があります。メールアドレスや電話番号を入力すると、すでにそのSNSに登録している友達を見つけられるようになっています。スマートフォンの場合には、電話番号やメールアドレスなどを含む連絡先が相手の名前と一緒に保存されていますが、その連絡先のデータを使って相手がそのサービスに登録しているかどうかを確認することもできます。連絡先に登録されている友人がすでにSNS上に居る場合には、友達申請を送りましょう。もちろん、リアルな友人だけでなく、様々なキーワードで検索にかけ、プロフィールから検索することも可能です。リアルな友人ではないけれど、仕事や趣味で連絡を取り合える人を探している人には嬉しい機能と言えるでしょう。

SNSの使用例

ある日何気なくSNSを使い始めて見ると、瞬く間に有名人になったということも多いです。例えば、東北で農業を営んでいたAさんは、毎日SNSで写真をアップロードし続けていたところ、その野菜の色味の良さや品質の良さがバイヤーの目に止まり、Aさんの作る野菜が百貨店で高値で売られることになったというエピソードもあります。また、ある地方のゆるキャラの公式ア カウントでは、毎日鋭い社会批評のようなコメントをつぶやいているうちに、それが逆に「ゆるキャラらしくない」ということで人気を博していたそうです。その結果、地域の特産品や観光のアピールにも繋がったことは言うまでもありません。このように、SNSを活用することで、全国的知名度が一気に上がり、それがきっかけでビジネスの成功へとつながる事例はよくあることなのです。

SNSの歴史

SNSの起源は諸説ありますが、現在のSNSの前身となったものはすでに1990年代に登場していました。初期のSNSの多くにはチャットルームがあり、個人がウェブページを通して情報やアイデアを共有するという機能に注力していました。なかには個々のユーザーが自分のEメールアドレスを公開し、人々がお互いにつながり合えるような機会を与えるというSNSもあったようです。1990年代後半になると、自分のプロフィールを編集・公開するタイプのSNSがメジャーとなりました。その後、シックスディグリーズやフレンドスター、マイスペースやリンクトインなど、新しいSNSが次々と頭角を現し始めました。そして、これらが近年のフェイスブックの登場のヒントを与えたのです。

SNSの機能 2

SNSの機能のなかでも最も大切なのがメッセージ機能です。これはいわゆるメールのような機能で、ユーザー同士で私的なメッセージを送ることができます。他の友だちに見られたくない場合には、ここで個別にメッセージを送信し合うことができます。他の人に見られても差支えない場合には、友人の日記やタイムラインなどでやり取りします。個人的な私信はメッセージでやり取りするのがベストです。また、最近のSNSに多く見られるのがタイムライン機能です。「ウォール」とも呼ばれています。画面の中央の最も目立つ部分に友達の日記や登録したグループの投稿、ニュースなどが表示されるようになっています。SNSにアクセスすると、大抵タイムラインが一番最初に表示されます。友達やグループの最新の動向を知るうえでの要と言っても良いでしょう。

SNSの機能 1

SNSには様々な機能があります。自分の所在地や職業、学歴を表示するプロフィール欄があり、ここでは自分自身について紹介することができます。初めてあなたのプロフィールを見た人にもあなたのことを知ってもらうチャンスです。次に、日記機能です。ブログ機能とも言われることもあります。日々感じたことや思ったことを書き込んでいきます。周囲の人からイイね!やコメントなどの反応がもらえることもあり、そういったコミュニケーションこそSNSの醍醐味とも言えます。ユーザー同士でグループを作って交流出来るコミュニティ機能もSNSの重要な要素のひとつです。趣味や職業や組織などのグループに入る理由は様々ですが、同じ楽しみや同じ悩みを持つ者同士でコミュニケーションを取り合うことで、新たな考え方に出会うこともできます。

SNSを使用する

このサイトでは「SNSってよく聞くけど何?」というSNS初心者の方のために、SNSの使い方について詳しく解説しています。具体的には、SNSの仕組み、SNSの使用例、SNSを使用するメリット・デメリット、SNSの運用によるビジネスの成功例などを取り上げており、SNSがどのようなものなのかがざっくばらんに分かるようになっています。「友人や家族とのコミュニケーションの手段としてSNSを始めようと思うけど、使いこなすのが難しそう・・・」という方、インターネットを使うことに不安を覚えている方にとっても有用な情報をお届けします。

SNSを使用するうえでの注意点

SNSは便利である反面、使い方を誤ると、取り返しのつかない事態になる恐れがあります。ここでは、SNSのデメリットについて解説します。よくあるのが写真をアップロードした時に 位置を特定されてしまうという点です。これは「位置情報」と呼ばれる機能によるものです。例えば、スマートフォンから写真をアップロードすると、その写真に位置情報が含まれており、その写真を撮影した位置が座標で表示されてしまうことがあります。一見すると恐ろしい機能ですが、アプリやスマートフォンの一般設定から無効にすることもできます。特にスマートフォンから写真をアップロードしたり、日記を投稿した時、位置情報を投稿して良いかどうかを訪ねられた際には、「無効」または「いいえ」を選択するようにします。

SNSとは?

SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Networking Service)の頭文字を取ったものです。ソーシャルは「社会」、ネットワーキングは「ネットで繋がること」を表す言葉ですので、SNSは「社会的繋がりのためのサービス」という意味になります。では、ここでいう「社会的繋がり」とは何のことを指すのでしょうか。それは家族をはじめ、友人やビジネス上の関係など、すべての人間関係のことを指します。さらに、直接的なつながりのない有名人とつながることもできます。それらを「つなぐ役目」を果たすのがSNSであり、フェイスブックやツィッターやミクシィなどがあります。ひとりひとりの生活スタイルや用途に応じて使い分けることが大切です。