SNS, ブログとは何か?

SNSとは何か?

今話題のSNSとは何でしょうか?インターネットを繋げると必ずSNSに触れる機会がありまよね?またSNSと同じくらいブログも流行っていますがブログとは何でしょう?

SNSとはSocial Networking Service の略を言い、人と人をインターネット上で繋ぎ、コミュニケーションを楽しむためのサービスです。主に使用されているSNSは、Facebook, Instagram, Snapchat, ツイッター、などがあり、世界では何十万人の人が使用しています。

SNSは、投稿した記事がどんどん消えていってしまう分、一瞬の拡散力は強力で、影響力もあります。『シェア』『リツイート』といったSNS特有の機能によって、友達の友達へ、フォロワーのフォロワーへ…と、次々にねずみ算式に増えていくので、拡大力がとても大きいです。主なSNSはフロー型と呼ばれ、投稿した記事は、時間の経過と共にフィードの下へ下へと流れて行き、いつかその記事はフィード上から姿を消してしまいます。また、投稿した記事へ検索エンジンからアクセスすることは、ほぼできません。よって一時的な影響力はあっても、持続性はありません。

次に理解すべきブログの特徴をお教えします。

それでは、そもそもブログとは何なのでしょうか?ブログとは、ウェブログ(Web Log)の略です。ウェブサイトに記録(ログ)するから、ウェブログ(Web Log)。略してブログと言います。SNSはフロー型メディアでありブログはストック型メディアいうことを認識しておきましょう。ブログは誰でも簡単にスタートすることができますが、自分を引き立たせる表現、世界観の演出など、あらゆる言い方ができるので、ブログ=自分の表現力と言っても良いでしょう。ブログとは一言で言うと、情報発信ありきのメディアで、通常のウェブサイトと同様、『発信』の色が濃く、情報量も多い性質があります。ビジネス的な視点で見ると、不特定多数の多くの観衆に、十分な量の情報を、広く発信することができる個人メディアと言えます。SNSと大きく異なり、ブログに投稿した記事は、Web上にずっと残り続けます。つまり記事がストックされ続けます。また、検索エンジンにもヒットするため、例えば1年前、2年前に書いた記事であっても、需要のある記事であれば、再度読み返されることがあります。過去の記事が生き残るということは、価値ある記事の数を積み重ねる程、それは資産となっていくわけです。これがブログん強みと言えるでしょう。

例えば、ラスベガスにあるカジノに行くとしましょう。昔は、SNSなどなかったので、人はラスベガスまで行ってカジノを楽しみ、運良く勝って大儲けした人などは取材などを受けて、その記事が雑誌に載ったり、自分で新聞社などに自分の経験を伝えていたりしました。それが今ではSNSやブログを使用してカジノ体験を伝えてる人も多くいます。またカジノファンの人は、どうやったら勝てるかなどの必須方法をネット上で公開したりしています。FacebookやTwitterのようなフロー型メディアは、情報の拡散に使うべきなので、その特性を生かして多くの人々は情報を提供しています。また今の時代、カジノはわざわざラスベガスやマカオに行かなくても、オンラインカジノというのがあり、ここ10数年で爆発的に人気が出てきています。インターネット上のカジノと言えばいいでしょうか。ラスベガスのカジノで体験した同じカジノゲームをスマホやパソコンでできちゃうのです。インターネットの普及により、SNSやブログ、またカジノでまでオンラインでできるようになりました。インターネットが進化し続ける時代であると言えます。