SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス

ソーシャル・ネットワーキング・サービス

SNSとは、人と人とのつながりを促進・サポートするコミュニティ型インターネットサイトのことで、コミュニティサイトの一種です。趣味や嗜好(しこう)、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて新たな人間関係を築くことを可能にするサービスです。SNSは、実名登録のものもあれば、匿名で利用できるものもあります。実名登録のサイトでも、SNSで関わる他の会員が、必ずしも正しいプロフィールを掲載しているとは限りません。多くのSNSは、登録する時に身分証明書類などで本人確認をされることがなく、誰でも簡単に利用できます。このため、身分証明が必要な出会い系サイトよりも、さらに多くの問題が、SNSをはじめとするコミュニティサイト(無料通話アプリを含む)で起こっていて、毎年1,000人以上の児童(満18歳に満たない者)が犯罪の被害にあっています。今ではオンラインカジノでゲームを遊ぶこともでき、ソーシャルネットワークでもオンラインカジノでポーカーを遊ぶことができます。

SNS
出会い系サイトと非出会い系サイトの違い
出会い系サイトでは、一般の方からホモセクシャルの方や、様々な年齢や職業のかたたちが出会える場を設けています。出会い系サイトはもちろん楽しいです。最初はドキドキするかもしれません。これも新たな出会いを得る一つのチャンスです。このような、ネットに関する犯罪被害を防ぐためにフィルタリングサービスがあります。フィルタリングは、青少年にとって不適切なサイトを契約端末から閲覧できないようにする仕組みです。しかし、犯罪被害が起きているサイトの中で、フィルタリングをしていれば被害を防ぐことができたサイトは半数程度で、フィルタリングですべての被害を防ぐことができる訳ではありません。また正しく設定されていなければ意味がありません。また最近、SNSで面白半分の不適切な画像や動画の投稿が目立っています。自分では面白いと思って投稿しても、他の人には不愉快であったり、社会的に許されなかったりすることがあります。このような投稿は、コピーが繰り返されて拡散し、個人が特定されることもあります。中には投稿が元で、就職の合格内定が取り消されてしまったり、婚約破棄になってしまったりすることもあり、一生後悔することになるかもしれません。また今ではオンラインカジノでゲームを遊ぶこともできます。
近年、企業の採用人事では、応募者の人柄や行動について、SNSを確認するのが当たり前になっています。一度インターネットに公開した情報は、入れ墨(タトゥー)のように半永久的に残ってしまい、完全に削除することは困難です。